漫画の描き方が初心者さんでも分かる!元漫画家早川てっちの漫画の描き方講座

スポンサーリンク

 

神さまっているよ

 

ようこそ!漫画の描き方.comへ!
はじめまして、当サイトの管理人で元漫画家の早川てっちと言います。

 

私は、もう、すごく昔の話なのですがY先生という、
ある有名な漫画家さんのアシスタントを勤めながら、
集英社の「週間ヤングジャンプ」という雑誌で、1983年にプロの漫画家として、
雑誌デビューすることが出来ました。

 

ところが、1987年に漫画の描き過ぎで右手を痛めてしまい、
漫画家をあきらめざるを得ませんでした。

 

今は自宅の2階を会社にして、社員が私一人しかいない、自営業を営んでいます。

 

すごい昔だと、漫画の描き方は、古過ぎるのか?

スポンサーリンク

当サイトを立ち上げるに当たり、私には一つの大きな不安がありました。

 

時代は今や、デジタル化しています。

 

漫画の描き方も、昔とは大きく変わって、
しまったのでは無いか?と考えたのです。

 

そこで、私の人生で、何10年も前から交友のある、
現役の漫画家のH君に電話で尋ねてみたところ、

 

「漫画を描く道具がいくら進歩しても、
漫画の描き方の基本だけは何100年たとうと、永遠に変わらない」

 

と、言われましたので、本日このサイトを、立ち上げる決心をしました!

絵を描くのが上手くなくても、誰でも漫画家になれる!

ふつう漫画家と聞くと、まず絵を描くのが、もの凄く上手だとなれないと、
思われがちですが、それは間違いです。
以下の画像をクリックして下さい。

 

テッチの星
↑クリックすると拡大画像になります。

 

これは私が14才の時にノートに書いた
「巨人の星」のパロディ漫画です。
こんなに絵が下手くそでも、当時の友人たちは大笑いして、喜んでくれたのです。

 

そして以下の4つの画像をクリックして下さい。

 

あの家に帰りたい
↑クリックすると拡大画像になります。
あの家に帰りたい
↑クリックすると拡大画像になります。
あの家に帰りたい
↑クリックすると拡大画像になります。
あの家に帰りたい
↑クリックすると拡大画像になります。

 

この4ページは私がY先生のアシスタントを、
していた24才の時のオリジナル作品の、クライマックスシーンです。

 

ちなみにこの作品のタイトルは、「あの家にかえりたい」で、
32ページの、読み切り作品でした。

 

同じ集英社の「月刊りぼん」に投稿しましたが、
「激励賞」を頂いて終わりました。

 

このように10年も漫画を描き続けていれば、
誰でも絵は上手くなって行くのです。

ストーリーを考えるのは大変なのか?

私もウソをこのサイトに書くことは、出来ないので、
ハッキリ言いますが「週刊誌に原作無しで漫画を連載して描く」という作業は、
まさに「地獄」です。

 

特にY先生の場合はネーム(※下書きする前のストーリー作り)が、
遅かったのですが、人気漫画家だったので印刷所には、
Y先生専用の印刷機があった程でした。

 

しかし、以下の画像をクリックして下さい。
おそば事件
↑クリックすると拡大画像になります。

 

この作品は私が20才の時に初めて、集英社の「週間ヤングジャンプ」に、
持ち込み投稿した作品ですが、ストーリーは私が実際に子供の頃に、
経験した「体験談」が軸になっています。

 

それでも、この作品はその月の「月例ヤングジャンプ新人賞」で、
最終選考まで残って、上の画像と「早川てっち」という名前が、
初めて雑誌に掲載されたのです。

 

また、「体験談」で有名なのは、長谷川町子先生の、「サザエさん」ですよね?
今や何10年と続く国民的なアニメとなって、私も毎週楽しみに観ています。
このように、「体験談」を描くだけでも、立派に漫画家にはなれるのです!

 

「起承転結の法則」さえ、しっかり身に付ければですが。

 

この「起承転結の法則」なのですが、ここまで読んでくれているあなたは、
もうその法則が分かるはずです。
なぜならこのトップページは「起承転結の法則」に従って、書かれているからです。

 

さあ、あなたも今日から、ペンとインクを買って
漫画家への第一歩を踏み出して、みませんか?

早川てっち

スポンサーリンク

スマホでご覧の方はPC版に切り替えるかPCで見ると画像が拡大されます

この記事の内容は面白かったでしょうか?
もし、少しでも面白かったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加