漫画の描き方の基礎は「起承転結の法則」で4コマ漫画から始めよう!

スポンサーリンク

漫画の描き方の基礎は「起承転結の法則」です。

 

起承転結を知っている方も多いと思いますが、
以下のような、意味合いを持っています。

 

起・・・物語の始まり。
承・・・話が膨らんで行く。
転・・・話が意外な方向に逆転する。
結・・・物語の「落ち」の部分。

 

・・・というわけで、いわば、あらゆる漫画の基本中の基本となります。

 

なぜ4コマ漫画なのか?

 

4コマ漫画は「起・承・転・結」をたったの一コマで表現しなければなりません。
ですので、4コマ漫画を描けない人に、
24ページの読み切り漫画が、描けるはずが無いのです。

 

どんなに長いストーリー漫画でもこの「起・承・転・結」を繰り返しながら、
全体の中でも「起・承・転・結」になっていなければ、
決して話が面白くなりません。

 

さあ、あなたもまずこのカテゴリー記事を読んで4コマ漫画に挑戦してみましょう!

スポンサーリンク

スマホでご覧の方はPC版に切り替えるかPCで見ると画像が拡大されます

この記事の内容は面白かったでしょうか?
もし、少しでも面白かったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

漫画 描き方 基礎記事一覧

まずはじめに、私の漫画家人生で欠かせないH君の話をします。実は私は父が、マイホームを建てたので、中学2年生の時に東京の調布市から、千葉県の柏に引っ越しました。つまり、私は転校生で、たまたま同じクラスに、H君がいたのです。H君はとても漫画を描くのが早いし、上手いので私とH君はすぐに意気投合して、二人で「漫画改新党(スタジオMKT)」という組織を結成したのです。その他くんの話当時、つのだじろう先生の「...

私だって、一番初めから、いきなり「漫画 描き方 4コマ」で紹介した「サッちゃんハーイ!」のような面白い4コマ漫画を描けたワケではありません。実は「漫画 描き方 ノート」に書いた「その他くん」の漫画の師匠なのですが「一日一漫で、毎日ひとつは4コマ漫画を描きなさい。そして、次の日に、昨日描いた4コマ漫画を自分で採点しなさい。そうすれば「起・承・転・結」の本当の意味が分かる」と、言うシーンがあったので早...

そもそも「漫画とは?」と聞かれて「風刺」とだけ、手塚治虫先生はその著書「マンガの描き方」の中で語られています。また、幼稚園児が描く「クレヨン画」を例にして、「子供が描く絵は漫画に似ている」とも語られています。子供が初めに描く絵は決して「八頭身の美人」の絵なんかじゃありません。必ず、まず顔が描いてあって二頭身か、それ以下で「自分」や「ママ」や「パパ」の絵を描くのです。また、手塚治虫先生は「お母さんが...

実は私が漫画を書き始めた動機は不純な理由でした。私は小学生の頃から太っていて、食事制限を受ける程の肥満児だったのです。なので、成長期を迎える高校2年生まではチビでデブだったのです。そんな私に当然彼女など出来るワケがありません。なので、せめて漫画でカワイイ女の子に自分が成りきって、描いて見たかっただけだったのです。つまり、私は、いわゆる「2次元コンプレックス」で女性を漫画に投写していたのでした。私は...

まずはじめに、週刊漫画雑誌などの新人賞の募集項目の中に「ギャグ漫画は16ページストーリー漫画は24ページ」といった具合に、必ず偶数のページ数になっている事をご存知でしょうか?この理由は簡単でもし、賞を取って雑誌に作品が掲載された時に見開きで、左側のページに表紙が来るようにすれば編集者が雑誌を作りやすいからなのです。そして、当たり前の話なのですがギャグ漫画でも、ストーリー漫画でも必ず物語は完結してい...

もし、あなたが漫画を描くのが初心者さんで漫画家になりたいのであれば、漫画の雑誌社の「新人賞」に応募するか「持ち込み投稿」しなければなりません。私の場合はトップページにも書いたように「おそば事件」という24ページの読み切り漫画を描いて「持ち込み投稿」しました。「持ち込み投稿」とは、私の場合は実際に集英社まで行って、外の公衆電話から編集部に電話を掛けて自分の作品を読んで、評価を受けました。この時、重要...

私はこのサイトを作るに当たって一つの決意を述べました。それは「初心者さんにも分かる」という事でした。ですので、なるべくプロユースの資料は公開しないで、私も初心者だった、高校時代のやり方をこのページでは公開します。漫画のあらすじの書き方とは?まず「漫画 描き方 ノート」のページで書いた通り、漫画は、ある時ふとアイデアが思いつきますのでそれを「アイデア帳」に書いて置きます。具体的に言いますと私はH君と...

パッシュ・カードとは1974年、私が中学一年生の時に思いついた「パッシュ・ゲーム」に使用する、小さな紙切れの事です。名前の由来は、当時銀行のATMからキャッシュカードで、現金の引き落としが出来るようになったのでそのマネをして、私が名前を付けました。紙のサイズはB5番のノートの9分の1で、実際のキャッシュカードより少し大き目の小さな紙切れです。このパッシュ・ゲームのやり方ですが初めは私が、漫画のイラ...

「漫画を描く」という作業は特に初心者さんであれば自分一人だけでしなければなりません。例えば24ページの「読み切り漫画」を描くのであれば、まず「アイデア帳」でページ数に合わせた構成を考えます。そして原稿用紙とは別に別の紙にネームを描いていわば、設計図を作るワケです。ここからやっと下書きに入ってペン入れをした後、消しゴムでエンピツの線を消して「ベタ」で黒く塗ってスクリーントーンを貼って最後にホワイトを...