漫画の描き方でストーリーは一番重要!テーマの設定から長編漫画まで

スポンサーリンク

さて、ここからはあなたが「起承転結の法則」を覚えて面白い4コマ漫画が
描けるようになって漫画仲間を集めて、同人誌を発行した後のお話しをします。
私の場合はギャグ漫画では無くストーリー漫画を中心に漫画を描いて来ました。

 

また、今でも人気漫画家のY先生のアシスタントを1984年の2月から
1987年の8月まで約3年半務めて来ましたので、
週刊連載漫画のような長編漫画の描き方も、
そのウラ話や実体も熟知しております。

 

漫画はストーリーで始まりストーリーで終わる

 

漫画のストーリーの基本は「起承転結の法則」に従って構成されています。
どんなに長い長編漫画でも「起承転結」を繰り返しながら構成されています。
また、漫画は「絵柄」も大切なのですが
ストーリーがつまらないと、決してプロの漫画家にはなれません。

 

私の場合は「読み切り漫画」で3つも賞を頂いて漫画家として
デビューしたので、その後は、10話完結の連載漫画のネームばかりを描いていました。

 

ただし、「青年漫画大賞」というプロの漫画家でも応募出来る、
半年に1回行われる大きな賞の時だけは「読み切り漫画」を
原稿用紙に描いて応募させて頂きました。

 

・・・というわけであなたもこのカテゴリー記事を読んで
「面白い漫画のストーリーの作り方」を勉強して下さいね。

スポンサーリンク

 

スマホでご覧の方はPC版に切り替えるかPCで見ると画像が拡大されます

この記事の内容は面白かったでしょうか?
もし、少しでも面白かったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

漫画 描き方 ストーリー記事一覧

さて、この「漫画の描き方.com-初心者さんへ-」というサイトが一旦完成してから、約一ヶ月が過ぎました。そこで、アクセス解析を見てみますと・・・なんと!「漫画の描き方 ストーリー」で検索してくる、読者のみなさんが一番アクセス数が多かったのです!・・・というわけで私の雑誌デビュー作品の「神様っているよ」のストーリーが、思い浮かんでから完成するまでを、順番にお話しして行きます。漫画のストーリーが浮かば...

さて、前項の「漫画 ストーリー 浮かばない」に書きました通り、私は女優のブルック・シールズが15才の時に主演した映画「青い珊瑚礁」を観て以下のアイディアが頭に浮かんだのでした。「無人島に取り残された、男女二人の女性が、男性を愛しているので焚き火の火を、船が通り掛かったのに、消してしまう」しかし、これだけでは、ストーリーになっていません。・・・というわけでまずはじめに、私はこのアイディアをふくらませ...

さて、私のデビュー作品となった「神様っているよ」は「漫画 ストーリー アイデア」にも書きましたが「あらすじ」と「ページの割り振り」だけで、見切り発車をしました。これを修正しながら、何度でも書き直すのが「絵コンテ」を描く前の「シナリオ」を書く、という手順になります。↑クリックすると拡大画像になります。2ページ目・3ページ目↑クリックすると拡大画像になります。4ページ目・5ページ目↑クリックすると拡大...

さて「漫画 ストーリー 起承転結」にも書きましたが、私のデビュー作品となった「神様っているよ」の「起承転結」の「結」の部分だけは、初めから決まっていました。このように初めから結末が決まっていて、そこからフィードバックしてストーリーを組み立てて行くやり方を「帰納法」と呼びます。・・・というわけで今回はこの「帰納法」と「演繹法」のちがいをお話しします。また、「漫画 ストーリー 起承転結」までで「アイデ...

実は私の家には、漫画家時代のプロのサイズで描いた、生原稿用紙の作品は二つしか残っていません。以下の画像がその作品です。↑クリックすると拡大画像になります。↑クリックすると拡大画像になります。トップページでも紹介した1986年に私が描いた「あの家にかえりたい」という作品と「かわいいかっこうしてみたい」という、どちらも32ページの「読み切り漫画」です。なぜ、生原稿が残っていないのか?私は1980年に「...

プロの漫画家の世界ではよく「キャラクターを立てるのが重要」だと言われています。「キャラクターを立てる」とは、主人公が普通の人とは違う個性が強くて、魅力的な能力や性格を持っている事を指します。私が20才の時に初めて集英社の「週刊ヤングジャンプ」に持ち込み投稿した「おそば事件」はまさしく「体験談」でしたのでキャラクター設定を以下の画像のようにしました。↑クリックすると拡大画像になります。主人公の安本春...

どんなに絵の上手いプロの漫画家でもいきなり、下書きも描かないで「ペン入れ」の作業に入る人はいません。ところが・・・それに近い光景を目の当たりに見てしまった事が、私にはあります。それは1977年の事でした。池袋にある西武百貨店で「手塚治虫展」というイベントが、10日間ほど開催されたのです。高校生だった私とH君は学校の帰りに、駅で待ち合わせをして毎日、そのイベント会場を訪れていました。そして、会場内に...

まずはじめに、私の「アイディア帳」の使い方をお話ししますね。以下の画像を御覧下さい。↑クリックすると拡大画像になります。この黒丸「●」が打ってあるのがいわゆる「思いつき」で「アイディア帳」をいつも持ち歩いていましたので電車の中でも書きました。だからと言って、電車が揺れて文字が汚いワケではなく元々、私の書く文字は、自分でも読めない事があるくらい、汚いのでした。...(^^;)ちなみに一番上の「思いつ...

漫画のストーリーを考える上で「出だし」の部分は超重要です。なぜなら「漫画 設定 作り方」でも書きましたが「読み切り漫画」であればたった数ページで主人公のキャラクターを立てなければ、ならないからです。そして、一番重要な事は「漫画家が読者に一番伝えたい主題は何か?」つまり、その作品の「テーマ」や「設定」までもが大きく変わってしまうからなのです。・・・というわけで私が描いた「かわいいかっこうしてみたい」...

昨日、漫画家のH君と電話で話したのですが今の若い人達って、どうして大きな夢を目指さないのでしょうか?私には今年で22才になる大学生の次男がいるのですが、ハッキリとこう言われてしまいました。「僕の周りには、お父さんのような人はいない」と・・・私の次男はゲームが好きで子供の頃からゲームばかりして遊んでいました。そして、ゲーム関係の仕事がしたいので大学は「工学部」に進んで将来パソコン関係や、ゲーム・プロ...

漫画の描き方で心理描写のテクニックの一つに背景を「ベタフラッシュ」にする事があります。「ベタフラッシュ」とはカミナリに打たれたような、ショッキングなシーンで使われます。なのでストーリーの上では「起・承・転・結」の「転」の部分で使われる事が多いのです。・・・というわけで今回のページ末尾の「かわいいかっこうしてみたい」は「転」ですので、描き方は、見れば分かります。早川てっちは、なぜ漫画家になれなかった...

漫画家志望の学生さんで「僕はワンピースのようなストーリー漫画を描きたいので4コマ漫画なんて描きたく無い」と、考えている人は多いのでは無いでしょうか?しかし「面白い 漫画 4コマ」にも書きましたが、面白い4コマ漫画が描けない人に、面白いストーリー漫画は、ゼッタイに描けません!・・・というわけでこの「ストーリーのまとめ方」もゼッタイに、考え付く事は出来ないのです。なぜ、私の親友であるH君は漫画家になれ...

小・中学生・高校生の漫画家志望の皆さんへ。「漫画家になりたい」と思うのであれば「絵」の勉強だけでは無く、「お話し」の勉強も必ず行なう必要があります。「漫画 描き方 ノート」で一番初めに書きましたが根っこの小さな漫画家という、一本の木はすぐに倒れてしまいます。なので、漫画ばかりを読んでいないで名作と呼ばれている小説を読んでストーリーの勉強をしたり、人物や風景の「クロッキー画」(※ラフにエンピツで、3...