漫画の大賞に新人として応募するのは簡単!でも入賞するのは困難!

スポンサーリンク

私が漫画家の玉子として漫画を描いていた「週刊ヤングジャンプ」には
毎月行われる「月例ヤングジャンプ新人賞」と
春と秋に年に2回だけ開催される「青年漫画大賞」という
プロでも応募出来る、大きな新人賞がありました。

 

・・・というわけでトップページに載っている「神様っているよ」は
この「青年漫画大賞」の「佳作」に入賞したという
自慢話をこれから始めたいと思います。

 

なぜ「青年漫画大賞」に応募したのか?

 

私は「漫画 設定 作り方」にも書きましたが
「月例ヤングジャンプ新人賞」の「佳作」に2回も連続して入賞してしまいました。
そして集英社と「年間契約」を結んでいましたので、
その後の普段は、連載用の「絵コンテ」ばかりを描いていました。

 

でも、なぜか「青年漫画大賞」だけは担当の編集者が
「原稿用紙」に描かせてくれました。
あなたは、なぜだと思いますか?
そうなんです!

 

実は「絵コンテ」ばかりを描いていると「ペンタッチ」が
どんどん下手くそになってしまうからなのです。
・・・というわけで私は漫画家時代に7本の作品を
「青年漫画大賞」に応募する事が出来たのです。

スポンサーリンク

「青年漫画大賞」とは今でも存在しているのか?

 

残念ながら「青年漫画大賞」とは今は、もう存在していません。
代わりに「シンマン賞」として継続しています。
「月例ヤングジャンプ新人賞」は大賞の賞金額が
50万円だったのに対して「青年漫画大賞」は100万円でした。

 

・・・というわけであなたが今「週刊ヤングジャンプ」で漫画を
描きたいのであればこの「シンマン賞」に応募すれば良いのです!
こちら→ http://youngjump.jp/shinman

 

「青年漫画大賞」とは、そんなにスゴイ賞だったのか?

 

「青年漫画大賞」に入選(大賞)すると当時の賞金は100万円で
佳作の私でも30万円も、もらえてしかも、
本誌デビュー出来たのですから当時としては、
一番大きな「新人賞」だったのです!

 

この賞を獲った事だけが今でも唯一、
H君に自慢出来る程に難易度が高い「日本最大級の新人賞」でした!

 

当時の記念の賞状と盾が出てきましたので証拠として、
画像をこのサイトに残しておきます。
賞状
↑クリックすると拡大画像になります。

 

盾3
↑クリックすると拡大画像になります。当時は金ピカだったのに...(T_T)

 

PS:この記事も「起承転結の法則」で書いてあるのですが、分かって頂けたでしょうか?

スポンサーリンク

 

スマホでご覧の方はPC版に切り替えるかPCで見ると画像が拡大されます

この記事の内容は面白かったでしょうか?
もし、少しでも面白かったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加