週刊連載の漫画家のスケジュールの流れと実体を暴露します!

スポンサーリンク

「漫画家 アシスタント きつい」でも書きましたがY先生の場合は、
仕事もたくさんしましたがハワイに旅行へ行ったり、
泊まりがけでスキー旅行へ行ったりしていました。

 

今、思い出しますとよくそんなヒマな時間があったなと、
驚いてしまいます。

 

・・・というわけで今回は週刊連載漫画家の
スケジュールに関してのお話しをします。

 

Y先生の担当編集記者は一度だけ代わりました!

 

スケジュールの話の前に漫画家と担当編集記者のお話しをします。

 

私が大学4年生の時にY先生のアシスタントを始めた時はMさんという、
担当編集記者でした。
このMさんなのですが、先生の事を「Yちゃん」などと、
呼んでいましたのでかなり付き合いが長くて仲も良かったのだと思っていました。

 

ところが・・・
ある日「仕事場所」のマンションを尋ねるとこの二人が、
本気で口喧嘩をしていたのです。

 

理由は簡単で、Y先生が
「今週は、アイディアが浮かばないから描かない」
と言って、ゴネていたからなのです。

 

これに怒ったMさんは「勝手にしろ」と言って、
私たちの前から姿を消してしまったのです。

 

そして、Y先生は
「今週は、描かないから、アシスタント料はあげるから君たちも、帰っていいよ」
と言って、私たちにお金を渡そうとしたのでした。

 

私たちアシスタントは口を揃えて
「仕事もしていないのに、お金は受け取れない」
と、これを拒否していました。

 

ところが・・・
そうこうしている内に別のKさんという編集者が
「超豪華なお弁当の差し入れ」を持ってやって来たのでした。

 

・・・というわけでご機嫌を直したY先生は
その週も漫画を描く事が出来たのでした。

 

そして、それからはいつも「超豪華な差し入れ」をしてくれるKさんが、
Y先生の編集担当者になったのです。

 

アシスタントのスケジュールは漫画家で変わる

 

当たり前の話しなのですが「週刊連載漫画」には毎週必ず、
締め切りがあります。

 

当時の「週刊ヤングジャンプ」は毎週木曜日の朝には店頭に
並んでいましたので締め切りは、ふつうの漫画家さんでしたら
火曜日いっぱいが、締め切りだったはずです。

 

ところが・・・
私は、なぜか、いつも、木曜日の朝に、帰宅していた記憶しか、
残っていないのです。

 

実際にY先生の「仕事場所」のマンションで
私はKさんが持ってきたアシスタントがつい数時間前まで描いていた、
背景画が載っているY先生の原稿の「ゲラ」(印刷の試し刷り)を
見た覚えがあります。

 

・・・というわけで別項にも書きましたが印刷所に
「Y先生専用の輪転機がある」というウワサは、事実だったのでした。

スポンサーリンク

週刊連載漫画家のスケジュールとは?

 

分かりやすく曜日順に書きます。

 

【月曜】
まずはじめに、月曜の夕方にY先生の「仕事場所」に公衆電話から電話して
「今晩からですか?」と、私は毎週尋ねていました。
そして先生の答えは「まだいい」か「来て」でした。

 

ところが・・・
実際に行ってみるとY先生は「ファミリーコンピューター」でゲームをして、
遊んでいるのでした。

 

そして「君もやってごらん」と言って、
私がゲームをしたのは「ロードランナー」というゲームソフトでした。

 

この月曜日に行く時は朝の2時までゲームで遊んでから2LDKの
「仕事場所」とは別の一室でアシスタントたちと一緒にY先生も、
ごろ寝をしていました。

 

【火曜】
朝起きるとY先生は「これで、映画でも見てきて」と言って、
私たちアシスタントにお金をくれました。
その時初めて見たのが「風の谷のナウシカ」だったのです。

 

夕方「仕事場所」のマンションに帰ると原稿用紙にネームが
入っていてY先生はエンピツで下書きをしていた時もありました。

 

ところが・・・
借りてきたレンタルビデオを観てまだ、遊んでいる週も大変多くありました。

 

【水曜日】
さすがに水曜日は、いくらY先生でも、
ネームが仕上がって下書きを、始めていました。
そして水曜日だけは原稿が仕上がるまで、
寝ないで朝まで仕事を続けていました。

 

【木曜日】
この木曜日の朝に、帰宅していた記憶しか私には、ありません。
そして帰宅した私は朝からお酒を飲んで夕方まで寝てしまっていたのでした。

 

・・・というわけで実質1日だけの仕事で私は毎週3万円も、
もらっていたのです。
ただし、「月刊連載」の締め切りが重なる週だけは、
月曜日から一週間ぐらい、帰れない週もありました。

 

最後に私が描いた「あの家にかえりたい」をご紹介して、終わりにします。

 

今回は「起・承・転・結」の「結」に相当する部分です。

 

あの家にかえりたい30
↑クリックすると拡大画像になります。30ページ目

 

あの家にかえりたい31
↑クリックすると拡大画像になります。31ページ目

 

あの家にかえりたい32
↑クリックすると拡大画像になります。32ページ目

 

「起」に当たる1ページから8ページは
「漫画家 仕事場所」に載っています。
「承」に当たる9ページから22ページは
「漫画家 アシスタント きつい」載っています。
「転」に当たる23ページから29ページは
「漫画家 アシスタント 収入」に載っています。
「結」に当たる30ページから32ページは
「週刊連載 漫画家 スケジュール」に載っています。
PS:この記事も「起承転結の法則」で書いてあるのですが、分かって頂けたでしょうか?

スポンサーリンク

 

スマホでご覧の方はPC版に切り替えるかPCで見ると画像が拡大されます

この記事の内容は面白かったでしょうか?
もし、少しでも面白かったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加